話題の水素水ですが、自分でも比較的簡単に作る事ができます。

市販のものを買い続けるよりも手軽に飲めるしコストがかからず経済的にもメリットがあります。
買い置きを気にせずいつでも飲みたい時に飲むことだってできます。

それでは自分でできる水素水の作り方をご紹介しましょう。

水素水の作り方

自宅でもできる、活性水素水の作り方について解説します!

水素を水に直接溶かす方法

高い圧力をかけて水素ガスを水に直接溶かすことで水素水を作る事が可能です。
水の成分はそのままで、水自体の味も保てるのがこの方法のメリットです。
デメリットは工場や設備の整ったところでしか作れないという点になります。
しかし最近は水素水7.0のような、自宅で直接水素が溶かせるタイプのものもあるため、この様なデメリットは今後解消されると思われます。

普通の水を電気分解して作る方法

水は電気分解をすると水素を発生させます。
このときに発生した水素を水に溶かすことで水素水を作る事ができます。
メリットは短時間で水素水が作れるということ。
デメリットは水質が少しですが、変わるため味にも変化が出るという点です。

電気分解による生成は多くの水素水サーバーでも採用されている方法です。

マグネシウムを使い化学反応で生成する方法

水とマグネシウムが科学反応したとき、水素と水酸化マグネシウムに変化します。
この時発生した水素を水に溶かして水素水を作る事ができます。

メリットは家庭でも手軽にいつでも作れるということ、デメリットは水素水を作り始めてから一定の時間を置いてから飲まなくてはいけない点です。
およそ水素水が完成するまでに8時間程度かかります。

なので作るなら夜に作っておき、朝には飲める状態にするのがいいと思います。
また副作用をご心配する人もいるでしょうが、溶けるマグネシウムの量はかなり微量で心配するほどではないのでご安心ください。

化学反応を利用して水素水を作るなら高額な費用がかかる機械を購入するより、通販でも人気のあるマグネシウムスティックや水素棒を使った方法がお薦めです。
通販でもこういった水素豊富水はたくさん種類もあって楽天をはじめ様々な媒体で購入することができます。
通常マグネシウムだけを購入するとなると面倒ですが、これを含んだセラミックスをスティックタイプにしたものであれば製品として販売されているので簡単に手に入れる事が可能です。

またマグネシウムスティックを利用する上での注意点として濃度があげられます。
マグネシウムの含有量はあまり多くないため水素水の味や体に及ぼす影響は大きくはありません。
なので長持ちをさせるためには、なるべく純度の高いマグネシウムを用いたほうが良いでしょう。

あと水素水を作る用器に空気が存在すると発生した水素が逃げてしまうので、余分な空気は中に残らない様にしたり、こまめに継ぎ足すといった工夫があれば尚良いはずです。

スティックの他にも、気軽に持ち運びができる水素水ボトルのポケット、パウチ、ある芸能人もつい買ってしまったという水素カプセルなどはおススメ。
ドライブやオフィス、スポーツジムなどにも持っていけるので、好きな時に水素水が飲めるといったメリットがありますね。
多少の幅はとりますが、ボトルポケットやポットなどもあります。


必要?水素水ボトル

持ち運びや携帯に便利な水素水ボトルですが、水筒や容器代わりにも役立つアイテムです。
先日24時間マラソンを走ったあの人も、人気男性グループの○○さんも愛用していると紹介された水素水ボトル。
水素水の保存容器はペットボトル、アルミボトル、アルミパウチといったものがありますが、他のものだと水素が抜けてしまう可能性が高くおすすめできません。

ペットボトルについて

ペットボトルのメリットはお安く手に入る事です。
逆にデメリットをあげると水素が抜けやすく効果の期待が低下するといったことがあります。
ペットボトルでの水素水保存では、約27時間で水素濃度がゼロに近づくため長時間の保存には向いておらず長く保存しておきたい場合は別のものを選びましょう。

アルミボトルについて

アルミボトルのメリットはペットボトルに比べて水素が抜けにくい点です。
デメリットは水素水にアルミの味がついてしまうこと
ペットボトルに比べると多少長い時間の保存ができますが、味に変化が起きるかも知れないという心配があります。

ただしこれもまたアルミボトルの種類や性能によっても変わってくると思われます。
人によっては気にならないという人も多い様子です。

アルミパウチについて

メリットは長期で保存が可能だという点です。
デメリットは価格が高いという点。
アルミパウチは水素水を約半年程度の長期にわたって保存できます。
高価ですが、これほど長く保存しておけるにはメリットも多くありますね。

水素水をスポーツジムなどに携帯する場合は、アルミボトルが適しています。
また市販の水素水を購入する場合はアルミパウチがお薦めですよ。

水素水の作り方記事一覧

人気の水素水サーバー、生成器タイプ別の種類や特徴についてご紹介します。水素水ルルドオシャレでかわいいデザインのルルドは、コーヒーメーカーみたいに使える水素水生成器です。高濃度の水素水ができるまでのステップは3つ。ボタンを押して、10分〜30分待ち、ポットを持ち上げてコップに移す!これだけです。ルルドは女性のライフスタイルに合わせた設計で使いやすさで定評があります。ルルドの特徴キッチンにもスッキリ置...

水素水サーバーで水道直結タイプのものをご紹介します。日本トリム 電解水素水整水器電解水素水をベースにして「世界へ挑戦するオンリーワン企業」を掲げているトリム。この日本トリムでは電解還元整水器専業メーカーとして、最上質に拘った 高級タイプの整水器が主流です。日本トリムの特徴ナンバーワンを生み出す自社工場日本トリムの工場は高知県南国市のオフィスパークにあります。自然環境に恵まれていて、工場のすぐ近くに...

レンタルタイプの水素水サーバーについてドクターズチョイスH2 SERVERH2 SERVERは水道水を徹底的なろ過で純粋な水へと変化させます。水素バブリング(非電極接触)方式で高濃度な水素水を作れる最新の冷温水サーバーです。H2 SERVERのレンタルは月額12,000円から。他とは違う5つの特徴水素パブリング方式で不純物を含まない安全な水素水が生成できるRO(逆浸透)フィルター使用で放射性物質も...

水素水はミネラルウォーターやスポーツドリンク同様に、できればいつでもどこでも飲めるように携帯したいと思う人も多いはずですね。実は外出先でも水素水が生成できる携帯サイズの生成器も販売しています。コンパクトで携帯用としても利用できる便利な水素水をご紹介します。aquela アキュエラ水素水7.0ppmファン急増中につき、わずか5秒に1本売れている水素水メディアも大注目の比較実験で実証された、まさにプロ...